薩摩の誉 黒麹 1.8L
5ee23d3dbd21787c543e3e23

薩摩の誉 黒麹 1.8L

¥1,958 税込

送料についてはこちら

甘みと香り。誉れたるその逸品 地元、南薩摩で育ったさつま芋(黄金千貫)と豊富な地下水を利用した本格芋焼酎です。明治時代より伝わるかめ壺を用いて、大山甚七商店の職人の技で丹念に仕上げました。豊かな芋の香りと、飲んだ後に続く、独特の甘い余韻が特徴の逸品です。黒麹特有の軽快な甘みと、うまみのある薩摩焼酎をお楽しみください。 ※本商品は芋焼酎特有の豊富な旨み成分を含んでいます。寒冷時や保存状態によっては濁りや沈殿物が発生することがありますが品質には何ら変わりはありませんので安心してお飲みください。 【商品情報】 アルコール分:25% 産地:鹿児島県指宿市宮ヶ浜蒸溜所 原材料:さつま芋(黄金千貫)・米麹 【おいしい飲み方】 この焼酎は、お湯割りで本領発揮します。お湯で温められることで、芋本来の味が増し、まろやかになり飲みやすくなります。注ぐ順番は、お湯が先で、焼酎が後です。先にお湯を注ぐことで、冷たいアルコールが下に対流し、自然とお湯とアルコールが馴染んでいきます。焼酎とお湯の割合は、アルコール度25%のこの焼酎の場合は、鹿児島の人がよく口にする「ロクヨン」いわゆる6:4がおすすめですが、5:5、7:3とご自分のお好みの割合を探しながら、飲むのも楽しい飲み方です。注ぐお湯の温度は、85度が適温です。25 度の焼酎で「ロクヨン」のお湯割り作ると、アルコール度が15度で温度が45度前後と、清酒のお燗と同じような状態になります。香りが高い焼酎や5:5の焼酎のお湯割りを作るには、緩めの80度のお湯で作るか、お湯を入れてから少し、冷めてから、焼酎を注ぐことでてげてげな温度になるでしょう。自分だけの味を作り出すのが、芋焼酎のお湯割りの醍醐味です。 【この焼酎に合う料理】 どんな料理にも合いますが、前菜、食中酒として、ぴったりなお酒です。こってりした料理にも負けません。中華料理、イタリア料理、フランス料理、韓国料理にも合います。また、飲み飽きませんので、あてを楽しみながら、じっくり飲み続けることができます。 肉料理:薩摩地鶏の焼き鳥、薩摩汁、トンコツ(角煮)、豚味噌、黒豚のシャブシャブ、トンカツ、黒牛の溶岩焼き / 魚料理:鰹の腹皮、つけ揚げ、きびなごの唐揚げ、酒盗、ぶりすき、鰻の蒲焼、あらかぶの味噌汁 / 野菜料理:ゴーヤの味噌炒め、ヒルアギ、山川漬、桜島大根漬 / その他:油ソーメン、鶏飯、酒ずし